第73回国体予選

 
成年男子100m(右端:金森選手)
少年A男子100m
少年A女子100mH
少年A男子走幅跳
【情報処理部】
 第73回国体予選が7月15日に開催されました。非常に暑い中での競技となりましたが、好記録も誕生した大会でした。
成年男子100mでは予選より中隠居選手(福岡大)が10秒62と自己記録を大きく更新し好調な様子を見せましたが、決勝では接戦となった中で直前の大会で10秒56をマークしていた金森選手(つくばTP:松江北高→筑波大)が追風参考記録ながら10秒40で優勝、中隠居選手も10秒43と好タイムでした。少年A男子100mでは混戦の中門脇選手(松江北高)が惜しくも追風参考となりましたが、10秒62と自己ベストを上回る記録で優勝しました。少年A女子100mHでは長﨑選手(大社高)が13秒91、成年女子棒高跳に出場した園山選手(大社高)は3m50と好記録での優勝でした。少年A男子走幅跳では永岡選手(出雲高)が7m37と男子最古でした従来の島根県高校記録を36年ぶりに更新して優勝。現在のところ全国高校ランキング12位に相当する好記録でした。